広島県広島市の歯科医院 ハートフル歯科・矯正歯科

最新の歯周治療と本格的な矯正治療を柱とし、一人に一人に合ったオーダーメイドの予防処置を提供しています。

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

【子どもの矯正治療】治療例解説③治療前後の比較と治療のながれ

広島市 五日市 ハートフル歯科・矯正歯科 院長の柳原です。

さて、今回は当院でも問い合わせの多い子供さんの歯並びについての治療の一例の紹介、今日は最終回です。

第1回目 床矯正の記事はコチラ
第2回目 部分的MBS、筋訓練(MFT)はコチラ

治療のメニューとしては…
歯並びがバラバラ→スペース不足解消のために拡大床による拡大
➁前歯がすいている→①の経過を見ながら必要であれば部分矯正
③歯列弓の形その他→お口の機能の成長不良が疑われるので筋訓練(MFT)というお口のトレーニングを指導
上記の組み合わせで治療を行いました。

pedi_ortho05









ただし、あくまでⅠ期治療と言うのは本来はⅡ期治療(成人矯正)の準備という位置づけですので完璧な歯並びはこれだけでは得られることはありません。ただし、終わっての状態を見て完ぺきではないけれども十分綺麗で健康的であるのでこれで十分とご判断いただいたので二期治療は行わずに終了とし、その後は定期健診で診させていただいております。

しかし、上の前歯はかなり良い状態となっており、また筋訓練(MFT)にも真面目に取り組んでいただけたお陰で歯列弓の形態まで非常に美しくなっており、かなり高い効果を得られたと考えられます。

では治療の流れを時系列でまとめてみました。
pedi_ortho07


まずは一番のお悩みであった上の前歯のすきっぱと右上の歯がねじ曲がっているのは十分に改善で来ています。
また、それ以外の部分も十分に改善しています。まだ成長期の途中ですので成長期が終わった位(男の子であれば17歳ごろ)にご本人が希望された場合にはさらに歯並びを理想の形に近づけるための二期治療も可能です。

このように子供さんの矯正治療は歯並びや骨格に応じて色々な方法を組み合わせることが特徴となります。
またもう一つの特徴は、大体1年おきにセファロによる定期的にレントゲンを使った骨格の成長のチェックを行うことです。成長途中の子供さんですので成長方向やレベルに問題は無いかチェックして必要であれば治療方法を追加したり変えたりします。

お子様にどの方法が合っているのか気になられる方は無慮相談も行っておりますので是非一度ご相談ください。

webからは24時間予約受付が可能です。
2022年07月04日 17:11

8月のお盆休みについてのお知らせ

8/14(日)~16(火)・8/18(木)はお盆休みとさせていただきます。

8/17(水)は午前午後共に診療しております。また、8/19(金)から通常通り診療させていただきます。
2022年07月01日 09:00

【子どもの矯正治療】治療例解説➁前歯の部分矯正と筋訓練(MFT)

広島市 五日市 ハートフル歯科・矯正歯科 院長の柳原です。

さて、今回は当院でも問い合わせの多い子供さんの歯並びについての治療のお話第二回です。
前回の記事はコチラ

まずは前回までの復習です。今回の11歳の男の子は下の計画で治療することにしています。
歯並びがバラバラ→スペース不足解消のために拡大床による拡大
➁前歯がすいている→①の経過を見ながら必要であれば部分矯正
③歯列弓の形その他→お口の機能の成長不良が疑われるので筋訓練(MFT)というお口のトレーニングを指導
上記の組み合わせは当院の子供さんの矯正では割と多い組み合わせになります。

まず前回の記事では①を説明しましたが、今回はその続き経過を見てく行く中でやはり➁の前歯がすいているのはある程度残ってしまい、また右上の歯がぐるっと回ってしまっているのも大きくは改善していませんので、部分矯正にて改善を図ります。

pedi_ortho03









上記の様にⅠ期治療のゴールは前歯4本をきれいに並べることが目標ですので必要であればこの例の様に部分ワイヤー矯正も併用します。

また、さらにこのケースでは筋訓練(MFT)も必要と考えられたので実施しました。

これは歯並びの健康な成長には舌の位置や力、口唇の閉鎖と力のバランスが影響するという考え方によっています。
下図の真ん中の例の様に、このケースでもそうでしたが日中にお口をぽかんとしているお子さん多いです。
そう言う方はどうしても口唇の力が弱いために、前歯が前に出たり、開いたりしやすいという訳です。
また舌の位置がおかしい場合もありますのでその訓練を行います。
成人でも矯正後の後戻り防止にMFTを行うこともあるなど、舌や口唇、さらにはお顔の筋肉の力などは歯並びにも大きく影響するようです。
ただし、当院ではあくまでMFTは補助的と言ういちづけです。
確かに需要ではあるのですが歯並びが悪くなる原因は様々でこの訓練をしただけで健康な歯並びやお口の環境になることは無いからです。

一日に1回お風呂上りなどに保護者の方と一緒に行う等することをおススメしています。
pedi_ortho04


矯正相談は随時無料で承っております。
次回は治療前後の比較とまとめですコチラから及びいただけます。
webからの予約は24時間承っております。
2022年06月18日 09:11

【子どもの矯正治療】治療例解説①床矯正について

広島市 五日市 ハートフル歯科・矯正歯科 院長の柳原です。

さて、今回は当院でも問い合わせの多い子供さんの歯並びについての治療のお話です。

子供さんの矯正治療は成長期であることから、その原因によって様々な治療を組み合わせながら正しい成長を促し、良い歯並びを目指します。

今回の症例は…
前歯がすいているいる
➁前歯の歯並びがかなりバラバラになっていて心配

というご相談でした。
それ以外にも、歯列弓が狭く何らか口腔機能の問題があることもうかがわせる口腔内所見でした。

お母さまもいつどのような治療をすればいいのか分からないと言うことでいらっしゃいましたが、当院での治療法を説明させていただきご納得いただいたうえで開始させていただきました。
また、大変ご理解の深いお母さまで毎日しっかりと子供さんに使うように言って頂いたり、お口のトレーニングもしっかりと取り組んでいただいたために、Ⅰ期治療としては短めの2年で十分な効果を得ることが出来ました。
pedi_ortho01

今回の例ではまずは床矯正を用いた治療を開始しました。
拡大床と言われるもので歯の生える骨を広げることでスペース不足を解消するためです。当院でも良く使用される方法です。
下図のように、樹脂の床に、金属のワイヤーで作られたクラスプ及び広げる金具であるスクリューから成る付け外し式の装置です。

1週間に1回程度少し広げていだきます。最初は少し大きく感じますがすぐに慣れてきます。それを2~3年程度の使用でゆっくりと効果が出てくるというものです。
拡大については一般的な方法ですがその装置については様々な方法があり、また考え方によりそれぞれに理論があるようですが当院では付け外しができるので患者さんに優しいこの方法を主に用いています。

今回の例では開始が11歳からと少し遅かったこともあり、試用期間は2年以内と短めでしたがしっかりとお母さまが管理していただいたお陰で効果はかなりありました。
pedi_ortho02

また、同時に口腔機能の強化を図るためにMFT(口腔筋訓練)もいました。
治療の経過の続きはコチラから

矯正相談は随時無料で承っております。
webからの予約は24時間承っております。
2022年06月17日 09:11

【矯正治療】矯正治療の流れ③矯正中の歯磨きに注意!

広島市佐伯区五日市 歯周治療と矯正治療のハートフル歯科・矯正歯科院長の柳原です。

今日はMBS治療時の注意点の一つブラッシングについてです。

矯正治療中はブラケットやワイヤーが歯に付くことによって歯磨きがしにくくなります。
また、普段通りにごしごししているとブラケットが脱離したりするので歯ブラシ指導も重要なポイントとなります。

当院では歯周治療、予防歯科にも力を入れておりますので歯磨き指導のプロがおりますので適切な歯ブラシ指導を行うことが出来ます。
下図の右側は治療後にブラケットを外すとそれに沿って歯が虫歯になっている一例です。
この方は元々歯磨きが苦手でいらっしゃったのですが矯正を開始する際にも指導をいろいろしていたのですが家で歯磨きをしないこともあったようでブラケットを外すとかなり多くの歯に虫歯や初期虫歯を認めました。
お家でのケアは自己責任とは言え、徹底できなかったことが悔やまれる一例です。

当院で治療を受けて頂く方にはこういう風にはなっていただきたくないので当院では、虫歯リスクについての唾液検査に基づいた虫歯予防のケアもご提案しています。
これも総合歯科治療を目指しているハートフル歯科・矯正歯科ならはと思います。

今回はブラケットを付けている歯の磨きにくくなる部位を説明いたします。

一番は歯と歯の間です。ブラケットとブラケットの間。さらにはワイヤーにも囲まれたエリアには食べかすが溜まりやすい一番のポイントです。特に奥歯はさらに磨きにくさが増します。

二番目はブラケットの上側(ブラケットと歯茎の間)ここも歯の形も相まって物が溜まりやす部位となります。

当院では専用の歯ブラシや、清掃補助具。さらには虫歯予防の洗口剤など様々な予防方法をご提案しています。

歯並びは解決したのに虫歯になっていたでは本当に残念ですので、全力で患者さんの歯を守りたいと考えています。

ブラケット装着時のブラッシング

ハートフル歯科・矯正歯科では無料相談も行っています。
24時間web予約も行っていますのでご利用ください。
2022年06月11日 22:08

【矯正治療】矯正治療の流れ➁矯正中のトラブル

広島市佐伯区五日市 歯周治療と矯正治療のハートフル歯科・矯正歯科院長の柳原です。

今日は矯正治療の流れを説明したいと思います。

今回はMBSマルチブラケット治療の説明をしたいと思います。
今日は、MBS(マルチブラケット)矯正治療を開始した初期トラブルの話になります。

この治療法の多くの苦痛な症状は初期に現れて、その後は軽減することが多いです。もちろん、お口の中に金属のワイヤーや装置が入る訳ですから当たってい体などの症状はどうしても出ますけれども最初が一番強く感じることが多いようです。

その中でも今回はよくあるトラブル三選をご紹介したいと思います。
まずははじめは…

①歯が痛い
これは大なり小なり最初は避けられないと思います。ただし、まれに治療が続いてもずっと「痛い」とおっしゃられることがあります。これについては正直個人の感受性の問題(普通の人よりも痛みを強く感じてしまう人)かなと思います。それでも耐えられないほど痛いと言うことは通常はあり得ません。

また原因は動き始めに怒る歯根膜の進展と圧迫であることは前回のブログでも説明したと思います。しかし一度移動が始まると痛み自体は軽減もしくは消失すると言われています。
ただし、口腔内に異物がある訳ですから違和感や時に痛みなどはゼロにはならないことはご了承ください。

➁ブラケットが外れる
ブラケットは歯の表面に歯科用接着剤にて接着しています。この接着がテクニカルエラーにより十分でない場合もありますが、それよりも多いのは最初の状態は歯並びがバラバラしていたり一本だけ奥まった歯があるなどしてブラケットに無理な力がかかりやすい歯並びになっていたり、上の歯と下の歯のかぶりが大きく(オーバーバイト)の症例では反対側の歯が当たって取れてしまうこともあります。
しかし、いつまでもブラケットが取れて困るというパターンでは患者さんがブラケットがない時と同じように食事をしたり、歯を磨いたりしてしまいブラケットをひっかけてしまい取れてしまうことが多いようです。そのせいで、取れる人はいつまでも取れるけど、取れない人は最初の1・2個で終わるという風に別れてしまいます。頻回に取れる方には指導を行いますが、矯正治療中には食事や歯ブラシは注意が必要です。

口内炎ができる
これもよくあるトラブルです。やはり金属や硬い樹脂、などがお口の中に入りますので単純に当たって傷になると言ったことは良く起こります。
ワイヤーの断端が当たって困る場合には短く切ったり、お渡しする粘土のような専用のワックスと言われる柔らかい素材のものがありますのでそれを丸めてご自身で付けて一時的にガードするという手もあります。また状態によっては口内炎の外用薬を処方いたします。

これも不思議となりやすいのは最初だけで段々慣れていくのか少なくなります。

主なよくあるトラブルは上記のようなものとなります。



しかし、矯正治療は思わぬ動きを示したりすることは時々あります。もちろん、それを後から修正しながら治療を続けるのですが。
心配なことは医師やスタッフにご相談くださいね。

③矯正治療中の不快症状

ハートフル歯科・矯正歯科では無料相談も行っています。
24時間web予約も行っていますのでご利用ください。
2022年06月08日 09:08

【矯正治療】矯正治療の流れ①

広島市佐伯区五日市 歯周治療と矯正治療のハートフル歯科・矯正歯科院長の柳原です。

今日は矯正治療の流れを説明したいと思います。

今回はMBSマルチブラケット治療の説明をしたいと思います。
まず、当院で治療するお申し込みをいただきましたら、検査を行います。これはセファロの説明をしているのでその記事をご覧ください。
その後、治療の方法が決まりますと治療が開始となります。

その際には。。
まず、抜歯が必要な場合は抜歯を行います。
その後、すぐにするのがバンドの作製というものを行います。バンドとは歯の周りに巻く金属のわっかです。下図のようなものです。
これを入れるためには歯と歯の間にゴムを無理矢理押し込みます。これがまず第一の不快な処置となります。笑
数日後に歯と歯の間に隙間ができますのでそれを利用して、バンドを装着してまずは型取りを行います。
そして石膏模型上でバンドに装置を作製し、溶接して作成したものをお口の中に装着します。
この装置は前歯を動かすときに一緒に奥歯が前に出て来る(アンカーロス)を防ぐために奥歯を動かしにくくするための装置で、その固定の強さから弱い固定、中等度の固定。さらに強固な固定が必要な場合はバンドに付けるのではなく別で小さなスクリューをを骨に打ち込んでそれを固定源にします。
その後、他の歯には直接ブラケットを接着していきます。

このように最初の1か月は数回ほどは頻繁に通って来ていただくようになります。また最初の時期にトラブル…ブラケットが外れる。痛みが出る。口内炎ができるなどが起こりやすくなります。
その後、動き始めると1か月に1回程度の来院頻度で治療を勧めていくこととなります。
➁矯正の装置





また矯正治療は痛いのですか?とよく質問を頂きますが、治療の最初は痛いと訴える方もおられますので痛み止めを処方します。
しかし、一度歯が動き始めると痛みは無くなり軽い違和感程度となります。しかし痛みの感じ方には個人差がありますのでまれにずっといたいと訴えられる方もおられます。

これは歯に力を書けると下図のようにまずは力のかかった方は歯と骨をつなぐ歯根膜が引っ張られます。そしてその逆方向は圧縮される。
歯根膜中には神経や血管も入っていますので充血したり、場合によっては歯根膜がストレスを受けて破壊されるなどによって炎症性の物質が放出されることが痛みにつながると考えられます。
しかししばらくするとその刺激を受けて圧縮される側には骨を溶かす作用が、伸展されている部分には骨を作る作用が起こります。
これにより歯が歯根膜ごと骨の中を動くのです。これはとても面白い仕組みで、完全には解明されていません。
hanodiou
ハートフル歯科・矯正歯科では無料相談も行っています。
24時間web予約も行っていますのでご利用ください。
2022年06月04日 10:00

歯科で用いる金属とは

広島市佐伯区五日市 歯周治療・矯正治療 ハートフル歯科・矯正歯科 院長柳原です。
今回は歯科で用いる金属についてお話をしていこうと思っています。

まずは保険のかぶせに用いる金属から。。
①金銀パラジウム(金パラ)
古くから使われている歯科用材料です。
技工士さんがかぶせを作るのが容易でチェアーサイドでの調整、研磨も容易であることから広く使われていました。

しかしながら、最近ではその為害性も分かってきています。
耐蝕性が弱く、歯質にどうしても金属が移ってしまうのです。溶けやすい金属(銀など)が含まれているためです。
それがすぐに身体に症状や病気を起こす訳ではありませんが、金属アレルギーや歯質の劣化による歯冠・歯根破折など長期では悪い影響もあることが分かっています。
しかしながら現状、保険を用いたかぶせの治療では認められ広く使われているのが現状です。
当院ではやむを得ず保険適応のブリッジなどでは使用しますが、それ以外では次のチタン冠を用いるようにしています。

➁チタン
生体親和性が高い素材でインプラント体などでも使われています。
しかしながらかぶせを作る際に用いるには高い技術が必要で普及していませんでしたが、最近では市中の技工所で鋳造加工が可能となったために数年前から保険適応されました。
2022年度からは前歯部でも使用が可能となった素材です。

ただし、加工・研磨が難しく①の金パラほどピカピカに磨き上げることが出来ません。また、精度もあまり良くありません。

③コバルトクロム合金
こちらも➁の材料と同じく生体親和性が高い材料です。
ただし、こちらは➁よりも加工が難しく特に細かい鋳造には適していない為にかぶせには使われません。
また機械的にとても強いので主には義歯のバネ(クラスプ)に用いられています。

④NiーTi ニッケルチタン合金 (ナイタイとも呼ぶ)
こちらはいわゆる形状記憶合金です。
しなりやすく曲がるけれども元の形に戻ろうとする性質があります。

その特性を用いて矯正のワイヤーに使われています。

また、しなやかな特性から根の治療(根管治療)のファイルと呼ばれる器具(下図)にも用いられています。
ただし、何度も曲げていると破断しますので長期には使用できません。
metal


上記のような金属が主には歯科では使われています。

ただし、特に①の金属の為害性が最近になって指摘されたり、また保険の型取りですとどうしても制度が悪くなったりする関係で当院ではかぶせやインレーにはセラミックを推奨しています。
2022年06月02日 17:43

子どもの矯正治療(拡大床)

広島市 五日市 歯周治療と矯正治療 ハートフル歯科院長の柳原です。
さて、今回は拡大床のお話をさせていただきたいと思います。

子供さんの歯並びのご相談で多いのが歯並びがバラバラとしている”らんぐい歯”とも言われます。
原因はスペース不足です。
成長期であれば生えるスペースを増やすことが出来ます。
そこで拡大床と呼ばれる方法で顎の生える骨を広げてあげることでスペースを確保するという方法です。

この拡大にも実は色々と方法があり、それぞれに色々と議論されているところです。当院では拡大床を採用しています。

これは①取り外し式なので子供さんが使いやすい。➁ゆっくりと広げるので痛みも無く安全。
作り方は型取りして作成します。
下の写真のような取り外し式の方法です。

なお、イメージとしては6~7歳から始めて10歳までで終えるのが理想です。
当院ではこの拡大床と共に筋機能訓練や、上の前歯4本だけのワイヤー矯正もセットとなっており、必要であれば適宜実施しております。

また本来はこうした成長期の矯正治療はⅠ期治療と言って大人になってからの本格矯正治療までの準備に相当するのですが、当院ではⅠ期治療終了時の状態を見て「完ぺきではないけれど、このくらいなら良いか」という患者さんも多いために分けております。

ハートフル歯科では無料矯正相談も行っております。24時間web予約もご利用ください。
syou_kyousei01
 
2022年06月01日 18:59

お口の中にできるガンについて

広島市五日市の歯周病・矯正歯科 ハートフル歯科院長 柳原です。
さて、今回は日常診療ではあまり見かけないですが大切なものの一つ口腔がんについてお話をします。
※2021年10月トマトに掲載された内容と同じです。

2019年に芸能人の方が舌ガンを患っておられることを発表したことをきっかけに注目を浴びることとなった口腔がん。メジャーな癌ではないものの年間に1万人以上の方が口腔がんと診断されています。ガン全体としては2%程度ではありますが、増加傾向でもあり注意が必要です。また、お口の中のガンということで歯科医院に相談される方も多くなってきました。
お口の中のガンはしこりや粘膜が白くなったり治りにくい口内炎なっどがきっかけで受診され発見されることが多いようです。6割は舌にできます。診断人は病理検査が重要で粘膜表面の細胞で診る細胞診や、組織全体を切除して診る組織診があり、ハートフル歯科でも対応しております。
治療としては薬物療法や外科処置、放射線療法などが状態によって選択されますが、治療の計画のためにはCTやMRIによってがんの広がりを見たりエコーやアイソトープによってリンパ節の転位の有無を確認します。そのために高度な検査・治療技術を有する総合病院や大学病院などに紹介を行っております。
また術前、術後の口腔ケアなども重要です。
リスク因子としては喫煙、合わない入れ歯の仕様、虫歯などの放置なども挙げられます。日頃からかかりつけの歯科医院にて定期健診が重要です。早期発見がしやすく初期段階の治療では予後が良いこともあります。気になったら早めに相談をしてみましょう。
oral_cancer
 
2022年05月30日 09:47

ハートフル歯科

【電話番号】 082-943-2007

【住所】 〒731-5127
広島県広島市佐伯区
五日市5-15-3 1F

【診療時間】 <月・火・水・金>
9:00~13:00
14:30~18:30
<木>
9:00~13:00
<土>
9:00~13:00
14:00~17:00

【休診日】 日祝日

web予約はこちら

モバイルサイト

ハートフル歯科・矯正歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら